案内する女性

現代では低金利でマンション経営をする人が増えている

低金利時代における投資

貯金箱

マンション経営は、低金利時代に入ったことで投資のための資金調達コストが引き下げられています。マンション経営は資金を借り入れてマンションを購入し事業を始めることができるので、資金調達コストの引き下げによってメリットが大きくなっています。

» 読んでみよう

マンションによる経営とは

インテリア

マンション経営で大切なのは立地です。賃借人が不足なく見つかる場所であるか、高い利回りを得られるところかなど検討することになります。また、安定した収入を得るために、家賃保証を利用するのもひとつの手段となります。

» 読んでみよう

これからの人気動向

外観

事業として実施

今話題のマンション経営は不動産投資の一つですが、事業ということもできます。一般のサラリーマンが事業を起こすことは簡単ではありませんが、マンション経営であれば普通のサラリーマンであっても事業をすることができます。単純にお金を出してマンションを購入し、管理会社に管理を任せて家賃収入を得るという方法もあります。これであれば、投資家がお金を出すことと変わりありません。しかし、マンション経営の場合には、まさにマンションの経営ですから、事業者として経営に関わることができます。全てを管理会社に任せるのではなく、オーナーとしてマンションの管理に参加することで、事業を行っていることを実感することができます。それこそが人気の理由の一つです。

人気が高まる予想

投資を行う場合に問題になるのは資金とそれを失うリスクです。資金がなければそもそもの投資ができませんし、リスクがなければ利益が生まれることはありません。マンション経営はわずかな資金で始めることができる投資でありながら、低いリスクで運用できる投資ですので人気が高まっています。今後、低金利時代が長引くことで資金調達が容易になりますので、マンション経営のメリットはさらに高まると予想されます。金利が低ければ、それだけ資金調達コストがかかりませんので出費が少なくて済みます。その一方で、家賃収入の変動は影響ありませんので、安定した家賃収入を得ることが可能です。そのため、金利が低いほど人気が高まることが予想されます。

経営のコツを知る

集合住宅

マンション経営は入居者を集められるかどうかが重要です。そのため、ターゲットを絞って入居者集めをすると、より効率的に入居者を集えます。また、地方より都心を狙う方が、入居者を集めるのにも好都合となるでしょう。

» 読んでみよう