笑顔の女の人

現代では低金利でマンション経営をする人が増えている

低金利時代における投資

貯金箱

低金利時代の投資方法

低金利時代の投資方法としてマンション経営の人気が高まっています。十分な手持ちの資金がなくても借入によって投資ができることが大きな特徴の一つですが、金利が低ければその分だけ借入に掛かる利息も少なくてすみます。マンション経営は、マンション購入という投資を行って、家賃収入という収益を得る投資方法ですから、投資に掛かるコストが少なければ少ないほどメリットは大きくなります。株式など金銭による投資方法に比べて、マンション経営が安定的な投資と言われる理由は、マンションという資産を持つことになるからです。仮に投資に失敗しても経営自体が成り立たなくなったとしても、資産がありますので現金化することが不可能ではありません。

低金利のメリット

金利が低くなれば当然コストを下げることができますので、収益は増加します。家賃収入は景気動向に左右される部分もありますが、金利が下がることで家賃が引き下げられるということはあまりありません。基本的には家賃収入はその物件の価値に応じて決まっていくものですから、老朽化が進めば物件の価値が下がり家賃が引き下げられるということはあっても、金利低下に伴って家賃が引き下げられるということはないのです。金利の引き下げによって資金調達コストが下がれば、その分だけ収益が増加することになります。マンション経営の大きな特徴としてマンションを担保として資金調達が可能という点があり、低金利の今こそが事業開始の好機と言えます。