笑顔の女の人

現代では低金利でマンション経営をする人が増えている

経営のコツを知る

集合住宅

入居者を絞る

マンション経営は安定して収入を得やすい投資方法と言えます。大きな見返りをすぐに得ることは難しいものの、毎月定期的に家賃収入を得ることができ、老後の個人年金としても優秀な投資でしょう。しかし経営と言うからには、マンション経営にもコツが必要です。たとえば、入居者のターゲットを絞ることです。マンション経営ではいかに入居者を募るかが成功の秘訣です。入居者には単身世帯もいれば家族連れもいますし、女性や男性など性別の違いもあります。そうした入居者をすべて受け入れる体制を作るより、ターゲットを絞って募集をした方がより人気の出るマンションになりやすいのです。ビジネス街にあるマンションなら単身世帯向けにする方が良いですし、広い土地を確保している物件なら家族向けにターゲットを絞って見ると、より入居者を確保しやすく、家賃収入も安定するようになります。

都心を狙う

マンションの価値を決定づける要素はさまざまですが、立地条件は外せない価値基準となります。マンション経営をするとき、どの立地にあるかを最重要に決めていくと良いでしょう。やはりと言うべきか、地方よりも都心の方が人気が高いです。都心のマンションはもちろん地方よりも初期投資額は高まってしまいますが、それでも高収入を期待することが可能です。人々は地方よりも都心に集まりやすく、人が多く集まってくるエリアは賃貸物件の需要も高まります。入居者集めも都心の方がしやすく、しかも物件の価値も地方に比べて落ちにくいのです。将来にわたって安定して家賃収入を得ようとするのであれば、地方よりも都心を狙う方がより確実でしょう。